DMM.com証券 DMM FX

PR企画
ホーム > 投資・資産運用 > FX比較 > DMM.com証券 DMM FX

価格.com FX人気ランキングで1位のDMM FXの取引ツールを試してみた DMM FXなら手軽に取引ができる

2015年第1四半期FX取引高世界1位※1 2013年度FX口座数国内第1位※2

価格.comFX人気ランキングでも2014年10月から2015年3月まで6か月連続で1位を獲得しています。人気の理由は取引ツールやスプレッドの条件にありました。DMM.com証券の取締役荒井氏に伺いつつ、実際に取引ツールを使用してみました。その使い心地をお伝えします。

  1. ※1)フォレックス・マグネイト社調べ(2015年第1四半期調査報告書)
  2. ※2)2013年度国内店頭FX(外国為替証拠金取引)市場における口座数(株)矢野経済研究所調べ 2014年3月現在

DMM FXはFXツールが充実

スマホアプリを実際に使ってみた

ツールがスゴいと言われているDMM FX。「実際にスマホだけでFX取引をしている人も多数います」と話すのはDMM.com証券の荒井氏。そのスマホツールをダウンロードして価格.comマネー編集部員Uが実際に使ってみました。その使い心地はどんなものでしょうか。最初に現れるのは右図のレート画面です。

主要な通貨ペアの現在のレートがひと目でわかります。緑と黒を基調にしたデザインもスタイリッシュ。緑はリラックスに効果もあり、目に優しい配色を感じられます。通貨ペアの値動きは青い三角形と赤い三角形で表示されます。上昇すれば赤三角形、下落すれば青三角形が動き、値動きを示してくれます。1秒単位で値動きは常に更新されており、確かにマーケットが手の中にある感覚を持つことができます。DMM FXでは実に20通貨ペアの取引が可能。米ドル/円はもちろんのこと。スイスフラン/円や、カナダ/円など主要な通貨ペアがそろっています。

続いて重要なのは、なんといってもチャート。チャート画面をタップすると4分割チャートが開きます。こちらはデフォルトでは、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円になっています。自分がよく見る通貨ペアをカスタマイズすることも可能。

もちろん、一つ一つのチャートを拡大して見ることもできる。そして、何と言っても充実しているのがテクニカル分析です。

「使えるテクニカル分析は計7種類。移動平均線はもちろん、ボリンジャーバンド、一目均衡表などのトレンド系から、RSIやMACD、スローストキャスティクス、ヒストリカル・ボラティリティなどのオシレーター系も表示が可能です」(荒井氏)

下図が実際にテクニカル分析を表示させたものです。左が一目均衡表で、右が移動平均線。左部分には利用できるテクニカル分析が羅列してあり、タップすれば上からスッとテクニカル分析が降りてくる。その様子はさながら近未来的でもあるのが特徴的なのです。

一目均衡表一目均衡表

移動平均線移動平均線

注文もラクラク、ワンタップで可能

これらレート画面や各チャート画面からの注文はワンタップで可能。注文ボタンを押せば、すぐに右図の画面が出てきます。注文の数量とスリッページを設定して、「買」の赤ボタンか、「売」の青ボタンを押すだけ。注文が約定すればその状況は「ポジション画面」で見ることができます。

「このシンプルで直感的な操作性はユーザーからも支持を得ていますね」(荒井氏)

実際に使ってみて思ったのは、「こんなに為替レートやチャートが見やすくて、注文も簡単なのか!」という点。

一昔前のFXアプリは最低限の機能のみでした。かろうじて、レートはリアルタイムで配信されるもののチャートはお粗末。外出先ではリアルタイムでは動かないチャートを確認するしかなかったのが難点でした。

しかし、この「DMM FX Trade」は、1分足チャートだけでなくティックチャートも配信しています。実際の値動きは毎秒というわけではないが、3〜5秒程度で推移。十分、パソコンの取引環境と遜色のない動きレートのチェックや取引ができます。

また、売買のボタンも大きいので押し間違えることなどもなさそう。この点についても非常に好感が持てます。注文の数量とスリッページも自分に合わせて即、変えることが出来るのもよい点ですね。

昨今ではパソコンでチャートを見ずにスマホだけで取引をしている個人投資家も増えているといいますが、これだけ充実した取引ツールがあるのならば、十分納得できる結果。機種はiPhone、Androidを問わずに利用できるのが大きな魅力の一つです。

最短約5分で入力完了 DMM FXのお申し込みはコチラ

PCユーザーにもハイスペックな機能を

PCでの取引ツールも充実 Macでも快適に取引

もちろん、優れているのはスマホツールだけではなく、DMM FXではカスタマイズ性に優れた「PLUS」、ワンクリックで注文できる「ADVANCE」、最小限の機能が嬉しい「MINI」とラインナップが揃っています。利用シーンに合わせて好きなツールを選べます。

「自分の好きなようにアレンジするならPLUS、注文の早さを重視するならADVANCE、常にガジェットとして表示しておくならMIINがお選び頂けます」(荒井氏)

価格.comマネー編集部員Uが、実際に使ってみました。「PLUS」は画面レイアウトが自由自在、自分がしっくり来る位置に固定することができます。表示できるテクニカル分析も充実、マイナーではあるものの実用性の高いと言われているパラボリックとADXを表示させているのが下図になります。

一方、より高機能なのが、「ADVANCE」に付いているプレミアチャート。こちらの方が表示できるテクニカル分析の数も多く、分析のための水平線やフィボナッチなども充実。チャートを細かく分析する際はこちらの方が便利そうです。実際に利用してみてもポイントを合わせれば簡単にトレンドラインを引け、フィボナッチで値動きのレベルも簡単に知ることが出来ました。
加えて、2種類の通貨ペアの値動きを比べられる「比較チャート」機能もあります。下図は米ドル/円とユーロ/円の比較チャート。

米ドル/円とユーロ/円の値動きの違いがひと目で分かるのは、便利な機能といえるのではないでしょうか。クロス円は同じ値動きをする事が多いと言われていますが、これならばひと目でその差分がわかります。同じ動きをする通貨ペアの後追いトレードや逆相関の通貨ペアのトレードで役立てそうです。

PLUSPLUS
インストール不要で使える高機能チャートツール。カスタマイズ性にも優れており、使えるテクニカル分析の数も多いのが特徴です。「20代〜30代の方にも多くご利用いただいています」(荒井氏)
ADVANCEADVANCE
スピーディさと操作性を追求し、ワンクリックでの決済同時発注機能を搭載。使いやすさを追求しています。「プレミアチャートを利用すれば20種類のテクニカル分析やチャートを1画面で比較もできます」(荒井氏)
MINIMINI
レートを常に表示できるようコンパクトにまとめたツール。「為替ディーラーが使うツールを意識して作りました。ガジェットとして置きやすく、注文しやすくなっています」(荒井氏)。あなたのデスクトップにどうですか?
取引通信簿取引通信簿
自分に相性のいい通貨ペアや取引の傾向などをグラフィックで表示。トレードの検証と研究に役立ちます。「取引通信簿を元に『自分の取引のクセが見えてきた』という声も頂きました」(荒井氏)

最短約5分で入力完了 DMM FXのお申し込みはコチラ

そのほかにもあるDMM FXの魅力

面倒な口座開設もスマホで簡単約5分!

口座開設画面イメージ

もちろん、口座開設の申込み、本人確認書類の送付もスマホだけで完結します。こちらも、FXを始めるにあたっては大きなメリットの一つです。

スマホでの入力も簡単。内容が途中で別の作業をしても、入力がやり直しにならないようにメールで送れるなどの配慮もあります。実際に作業を止めてみたところ、ちゃんとメールも届きました。忘れがちな人にとっては嬉しいはず。

口座開設画面イメージ

これまでは本人確認書類の提出はデータで取り込み送る必要がありました。DMM FXの場合は、カメラプリをすぐ起動させることができて即本人確認書類の写真を撮り、送ることができます。

「実に当社の4割近いお客様がスマホから口座開設のお申込みを頂いています」(荒井氏)

DMM FXが愛されている理由の一つにこういったきめ細かいサービスがあるようです。

DMM FXでスマホ口座開設の簡単3ステップ

たったこれだけの工程で口座開設は出来てしまいます。面倒な作業は一切ありません。

LINEでお問い合わせが可能に!

LINEアプリイメージ

DMM.com証券では、FX業界初! カスタマーサポートへのお問い合わせがLINEアプリでできるようになりました。

使い方は簡単。LINEアプリの「友だち追加」を使い、QRコードを読み込むか、「@sec.dmm.com」をID検索して、友達リストに追加するだけ。あとは疑問質問をLINEで問いかければオペレーターが答えてくれます。

QRコードを読み込むか、「@sec.dmm.com」をID検索

実際に価格.com編集部員UもLINEで問い合わせてみました。

LINEでのサポートイメージ

「今から出金依頼するといつ振り込まれるでしょうか?」とLINEで問い合わせをしてみました。

するとすぐに返信が。「お問い合わせありがとうございます。オペレーターを呼び出しております。少々お待ちください」

その約2分後……。

DMM.com証券カスタマーサポートから質問に対しての返信が返ってきました。「現在の時間にて出金予約をいただきますと、6月1日(月)のお振込み手続きとなります」
ちゃんと質問に対しての回答が確認できました。

LINEで問い合わせできるFX会社は DMM.com証券が業界初。
電話やメールよりも気軽に問いあわせできますし、LINEなら過去のやりとりも見ることができるのでとても便利です。
サポート体制が充実していると安心できますよね。

受付時間は平日24時間!
【夏時間】月曜AM7:00〜土曜AM5:50
【冬時間】月曜AM7:00〜土曜AM6:50
土日以外は、ほぼ一日中問い合わせ可能。いつでも疑問に思ったことがあれば問い合わせできるのはユーザーに優しいですね。

スプレッドは業界最強水準!米ドル/円は0.3銭!

米ドル/円 0.3銭 ※原則固定(例外あり)

DMM FXはキャンペーンも充実しています。今なら価格.com経由で新規口座開設完了+初回入金5万円以上+取引1回以上の条件を満たした方全員に、今だけ【8,000円】キャッシュバックキャンペーン実施中。

さらに、DMM FXでは口座開設+初回入金10万円以上+口座開設完了日から3ヶ月以内に新規取引400Lot以上を達成された方全員に1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施中。

本当にキャンペーンが豊富なDMM FXです。

※最新のキャンペーン詳細はDMM FXキャンペーンページをご確認ください。

豊富なキャンペーンも実施中!

キャッシュバック金額最大19,000円!!

DMM FXではキャンペーンも充実しています。価格.comからDMM FXに口座開設+取引で8,000円をキャッシュバックする価格.com限定キャンペーン実施中!

さらに、DMM FXでは口座開設+初回入金を10万円以上で口座開設完了日から3ヶ月以内に新規取引400Lot以上を達成された方に全員に1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

つまり、総額1万8,000円のキャッシュバックがあるのです。このチャンスはお見逃しなく!

取引応援ポイントプログラムもある!

ポイントランクに応じてポイントを増量!!

DMM FXにはポイントプログラムがあります。それが、『取引応援ポイントサービス』。取引をした数量に応じてポイントが貯まります。ポイントはランクに応じて付与されます。ゴールドランクならば通常の3倍。たくさん取引をした人向けのご褒美です。

ポイントは1ポイント=1円。貯まったポイントは1,000ポイントから現金に交換可能。現金化された金額は、FX口座に反映されるのでもちろん取引にも使うことができるのです。

最短約5分で入力完了 DMM FXのお申し込みはコチラ

【ご注意】

  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • 最新情報は各金融機関のサイトやパンフレット等でご確認ください。
  • 当社では各金融機関のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関にお問い合わせください。
  • ※掲載情報は2015年6月から公開している内容となります。

【DMM.com証券の概要】

  • 商号等:株式会社DMM.com証券
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
  • 加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金

【投資にかかる手数料、リスク等について】

  • 店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペアの価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
  • お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
  • お取引に必要となる証拠金は、レバレッジ25倍のとき総約定代金の4%となります。従ってUSD/JPY(@100.000)25倍1Lotを 保有するのに必要な証拠金は、約40,000円となります。
  • 当社の提示するビット価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
  • 上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

このページの先頭へ