スイスフラン(CHF)

スイスフラン(CHF)の基礎知識

スイスフラン(CHF)スイスフランは「逃避通貨」「避難通貨」と呼ばれ、戦争やテロが起こったときに資金の安全な避難先として選好され、買われやすい通貨という特徴があります。これはスイスが永世中立国であり、政治的中立性から伝統的に安全な通貨として知られている為です。2001年に起こった米同時多発テロや、2003年のイラク戦争開始時には、「有事のスイスフラン買い」が進み、2008年7月には105円と堅調に推移していました。しかし、同年の「リーマンショック」によってスイスフランは大きく下落します。その後、欧州債務危機の深刻化等から2011年8月には108円台まで上昇したスイスフランでしたが、同年9月スイス中央銀行がスイスフラン高を抑制する為に『無制限介入』を宣言したことにより、83円台まで急落することになりました。
スイスは経済規模は大きくありませんが、貯蓄率や1人当たりのGDPが高いレベルにあります。貿易対象の約90%がEU、特にドイツと密接な関係にあり、基本的には同じ欧州通貨であるユーロと似通った動きが見られています。

スイスフラン(CHF) : 有事の避難通貨

スイスフランは「逃避通貨」「避難通貨」と呼ばれ、戦争やテロが起こったときに資金の安全な避難先として選好され、買われやすい通貨という特徴があります。これはスイスが永世中立国であり、政治的中立性から伝統的に安全な通貨として知られている為です。2001年に起こった米同時多発テロ事件の際には、「有事のスイスフラン買い」が進み、非常時の通貨の避難場所としての地位を高めています。しかし、この買い動きは一時的で長続きせず、リスクが緩和されると急激なスイスフラン売りもあります。また日本同様に低金利であるために「キャリートレード」用の調達通貨として使われることも多いですが、2006年以降、金利は上昇傾向にあるので注意が必要です。

スイスフラン(CHF)の種類

スイスはEU非加盟国です。スイスの通貨単位は「スイスフラン」です。「CHF」「SFr」と表記されることがあります。補助単位は「サンチーム(Ct)」または「ラッペン(Rp)」があります。100サンチーム=1スイスフランに相当します。

硬貨7種類
1/2スイスフラン、1スイスフラン、2スイスフラン、5スイスフラン、Ct5、Ct10、Ct20
紙幣6種類
10スイスフラン、20スイスフラン、50スイスフラン、100スイスフラン、200スイスフラン、1000スイスフラン

スイスフラン(CHF)の主要な経済指標

GDP、LIBOR目標レート、貿易収支、失業率、KOF先行指数、SVME-購買部協会景気指数、消費者物価指数

スイスフラン(CHF)の為替レート推移

スイスフラン(CHF)1年間チャート

スイスフラン(CHF)1年間チャート

スイスフラン(CHF)5年間チャート

スイスフラン(CHF)5年間チャート
スイスフラン(CHF)地図

スイス連邦政策金利推移

スイス連邦政策金利推移

スイス連邦基礎データ

通貨略称
スイスフラン、フラン、CHF
人口
787万人
(2010年 スイス連邦統計庁)
中央銀行
スイス国立銀行
(SNB=Swiss National Bank)
政策金利
3カ月物LIBOR誘導目標レート
実質GDP成長率
2.1%
(2011年 スイス連邦経済省)
名目GDP総額
6,314億ドル
(2011年 スイス連邦経済省)
1人当たりの名目GDP
70,027ドル
(2012年 IMF推計)
失業率
3.1%
(2011年 スイス連邦経済省)

スイス連邦の貿易状況

主要貿易品目

≪輸出≫
機械・機器、化学製品、金属等
≪輸入≫
機械・機器、化学製品、自動車等

主要貿易相手国

≪輸出≫
ドイツ、イタリア、フランス、米国
≪輸入≫
ドイツ、イタリア、フランス、米国

データ出典 : 外務省

このページの先頭へ